Snow

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「付き合いたいです。」なんて、なんで囲み取材でそんなこと言っちゃっているの?
永井さん、恐るべし。そう思った芸能ニュース。


うーん、でもきっとこれはもうすでに付き合ってますよね??
付き合っててマスコミをちょっとからかっている気がします。
本当に付き合う前にテレビでこんなこと言ってるんだったら相当大胆な人。。


*


本屋さんでお買い物。



飛鳥井千砂『はるがいったら』
あ!この表紙もしかして!と思ったらやっぱりいくえみ絵でした。
あらすじも面白そうなので購入。タイトルにも惹かれた!


山川方夫『夏の葬列』
国語の授業で表題作を読んだ記憶。
すごくやるせないお話だったはず。
短編集らしいです。他のお話も読んでみたくて購入。


森絵都『カラフル』
表紙の黄色と、不朽の名作という煽り文句にひかれて購入。
あらすじも好きな感じですv


ろびこ『となりの怪物くん』2巻
1巻に比べて絵もお話も粗い印象だなぁ。。。


文庫はこれからまったり読んでいきます。楽しみだー(^¬^)


大通の書店をかなりの時間ウロウロしました。
ついつい時間を忘れるなぁ。
あれもこれも面白そうで迷います。

テカテカタイプの文庫の表紙がすごく好きで、それらがずらっと並んでいる様はテンションあがりますね!
そしてしおりは紐タイプが好き。



*


邦画を見ました。
『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』と『害虫』の感想。

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』

事故で亡くなった少女3人が、1人生き残った少女の元に戻ってくる。
だけどこの世に留まれるのはわずかな時間…。


2006年の映画なんですけど、すごく古臭く感じる映画です。
劇中の時代設定のせいじゃなくて演出などがすごく安っぽく、「あぁ、製作費少なかったんだろうなぁ」なんて哀しくなるくらい。

死神(?)が少女たち1人1人をあの世に連れに現れるんですけど、テクテク歩いて連れていくんですよ。
「皆と一緒にいたいよぉ~」とか叫ぶ少女の肩抱いたりしてテクテクと。
たぶん泣き所のはずなのに失笑です。
だいたい死神の造詣もしょぼい。

それと、少女たちは残された時間でできる限りの希望を叶えようとするのですが、結局それらのほとんどが叶いません。鬱です。

少女たちが可愛らしかったのがせめてもの救い。


*


『害虫』

母が自殺未遂。中1のサチ子は学校などの平凡な日常から遠ざかっていく。


不幸の羅列。転落人生ですなぁー。
見ていてしんどい。

まだ幼い宮崎あおいと蒼井優が可愛いのがせめてもの救い。
スポンサーサイト

害虫凄い前に見た記憶があります。
本当宮崎あおいが可愛かったイメージしかない(笑)
小説、最近全然読んでない(;^ω^)

2009.06.24 23:52 URL | あめ #- [ 編集 ]

★あめさん
宮崎あおいの出演作としてよく聞くタイトルなので期待していたのでがっかりでした>害虫
私も久々の読書熱。文庫の揃った本屋にいったら急に色々欲しくなっちゃってv
それと部屋の蔵書もちょっとずつ読み返そうと思っています^^*

2009.06.26 22:47 URL | loop #zHAUYs2U [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://twinklesnow.blog100.fc2.com/tb.php/404-e806171b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。