Snow

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
芸術の森美術館で見てきました。

ジャンヌ綺麗・・・!

予想以上にジャンヌの作品が多かったので驚きました。
そしてモディリアーニの作品ももちろん素晴らしかったのですが、ジャンヌの作品の方が私は好みでした。
説明によると、背景や静物画に興味が無く、ただただ人物の内面に迫ることに集中して作品を作ったモディリアーニに対して、ジャンヌは人物の周りの背景も絵の中に並列に描きこむという描き方だったそうです。
そして静物画にもその非凡な才能が生かされているとのことでした。
確かにジャンヌの静物画の果物は本当に美味しそう
私は、ある小説に感銘を受けてジャンヌが描いたという挿絵が、油絵とはまた違った魅力がありすごく気に入りました。

素晴らしい作品を残した2人ですが、その生涯は悲劇的なものだったそうです。
モディリアーニは幼少の頃から病を患い、35歳という若さで亡くなってしまいます。
妻ジャンヌは彼の死の二日後に、新たな生命を宿しつつもアパルトマンの窓から身を投げて後を追いました。当時ジャンヌは21歳でした。

最期に意識不明となったモディリアーニを描いたジャンヌの絵が、何枚も展示してありました。
どんな思いで彼を見つめて描いたんだろうなぁ。

さらに、死の直前にジャンヌが描いたという『自殺』という絵には、ナイフで胸を突いて死んでいる女性の姿が描かれていました。

「こんにちは、モンスターちゃん」
モディリアーニがジャンヌに宛てたポストカードに書いてあった言葉です。
可愛いフレーズ!
短い時間の中でも、2人の間に優しい交流が確かにあったんですね。



カブ価メモー。
79→76→74→71→69→67→
明日が勝負・・・。上がりますように!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://twinklesnow.blog100.fc2.com/tb.php/113-ff18c190

図説 ミケランジェロ (ふくろうの本)
 テレビで『ダヴィデ』の解説を聞いたことがきっかけでミケランジェロに興味を持ち、本書を購入しました。 本の中には作品の写真とその簡単な解説、彼の生涯の大まかな流れなどが掲載されています。(僕も含めて)美術の素人にとっては比較的分かりやすく、読みやすいものに

2007.09.27 21:23 | さらのblog

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。