Snow

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
KIRINの『とろとろ桃のフルーニュ』がまた登場~。

甘ったるい飲み物好きにはたまらないv
さっそく買ってきて、糖分補充は万端です(★^ω^★)/

ただ、甘すぎてちょっとずつしか飲めないんだぜw
でも好き

糖分を活力に長文です(≧ω≦)





通水検査するよ!ってお知らせが来ていたから、徹夜で頑張って部屋の掃除。
そしたら入室は無しだっ…た…(パタリ

徹夜で掃除しなきゃなんて、どんだけ部屋を散らかしてんだっていう話は置いておいて…。
せっかく綺麗にしたのに損した気分…(^ω^)





前回のヴォイスの題材は代理ミュンヒハウゼン症候群。
被害者と加害者の両方が存命していたので、初めて主人公たちの妄想推理に信憑性が与えられてスッキリ見れました。

来週は解剖を拒む遺族のお話のようですね。


実は祖母が亡くなったときに、医療事故を疑って解剖するべきか否かを親族が迷っていたことがあります。
伯母は疑問があるから解剖するべしという意見でしたが、結局私の母の「これ以上遺体を傷つけたくない」という希望により解剖しないまま荼毘に付しました。
私は伯母と同じ意見でしたが、祖母の子供である親たちが結論として「解剖しない」と決めたならそれでいいと思いました。

でもね~、母が今でも言うんですよ。
例えば医療事故のドキュメンタリーやニュースなんかを見るたびに、「お祖母ちゃんもきっと医療事故だったんだと思うんだよ」「あんな説明ってないよね」って。
それを聞くたびに、「死因の解明に必要な解剖を拒んだのは母自身なのに…」ってもやもやします。
もう何年も経っているのに。
もちろん大切な人の死にいつまでも未練が残る気持はわかりますが、絶対結論の得られない後悔をいつまでもいつまでも聞かされるのはしんどいのだよー。
「うーん…」ぐらいしか返事のしようがないよ。
解剖で絶対真実が分かるわけではないだろうけど、やれることは試みてみたよ!って少しでも思えるなら、やっぱり解剖するべきなんだろうと思います。





放送当時途中で脱落した「Ergo Proxy」と、パトレイバーの初期OVA・劇場版1作目を見ました!
スポンサーサイト
甘いものは癒しv

特に近頃はバレンタインの風を受け、チョコレートの勢いは衰えるところを知りませんな!
普段買わないような高級チョコにもついつい手が伸びて…バレンタイン恐るべし!
ゴディバのアイスも食べたい…v

逆チョコとか誰かくれないものかね(^ω^)むふふ



癒しといえば夏目友人帳も(=´▽`=)

今週の夏目はアニメオリジナルのストーリーだったそうで。
今のところ2期で一番好きなお話だなぁv

夏目のためなら夜更かしのし甲斐がある!
にゃんこ先生をモフモフしたいですw


仲良しv
後でもちょっとゆっくり塗ろう~。



『ソウルイーター』

シュタイン先生は、狂気に飲まれたふりをしてメデューサの隙を窺っているん…だよね?
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。